何故西向きや東向きよりも、南向きの部屋が人気なのか?

日本の人の多くは日当たりを重視し南向きを好む傾向にあります。太陽は東から昇って西に沈むので、東向きの住戸は午前中日当たりがよく、西向きの住戸は午後日当たりが良くなります。南向きの住戸は、午前中から午後にかけて日当たりがよく最も日照時間が長くなります。

南向きの大きなメリットとして夏は日射しが高く、冬は日射しが低い点が挙げられます。結果的に夏は太陽の光が部屋内に入りにくいため暑くなりにくく、冬は部屋内に入りやすく暖められやすいといったメリットを享受できます。また南東向きや南西向きも好まれる傾向にありますが、南向きと比べると日が入る時間は短くなります。

d5aef220677289f91e9c4c226df8a116-e1375781580490
マンション西向き

西向き住戸のメリット・デメリット

夏に築年数の古いマンションのバルコニー側サッシによしずや簾などで日除けにしている場面を見かけます。こうした様子は、西側に向いた住戸に多く見られます。夏の強い日射しが西向きの住戸場合、部屋の奥まで入ります。夕方まで日が入るので部屋が温まった状態で夜になります。

では、西向きのメリットはどうでしょうか。まず価格が安いことです。通常価格設定は、南向きよりも西向きの住戸の方が安く設定されます。午後明るいというのも西向きのメリットでしょう。冬も夕方まで日射しが入り暖かいといったメリットがあります。

西向きのマンションで快適に暮らすには

サッシの遮熱・断熱性能の高いマンションがおすすめです。マンションのサッシは、近年断熱性の高い複層ガラスを採用するものが増えています。複層ガラスに特殊な金属膜を設けさらに断熱効果を高めた「Low-E複層ガラス」ならさらに断熱効果が高いです。

夏の日射しもこうしたサッシを採用したマンションなら和らげます。カーテンで日射しを遮ることも効果はありますが、先ほど紹介したよしずや簾で部屋内に日が射すのを防ぐのは効果的です。小学校や病院などで、外壁の蓄熱を防ぐのに緑のカーテンを敷設していることがあります。

最近のマンションではこうした取り組みを採用しているものも見かけます。バルコニーの利用法は管理規約で定められている場合があり、高層マンションの場合、遮蔽物が風で飛ばされるととても危険です。ルールを確認し、注意して対策をとって下さい。

関連記事

あなたはどっち?「低層マンションVS.高層マンション」徹底比較!
マンション管理は資産価値にも影響!購入前に知っておきたいマンション管理組合の形態
マンションのベランダでできるガーデニングとは?~マンションの利用規約を確認を忘れ
ファミリーに人気!公園が近い物件のメリットは?
【不動産プロが教えるマンション選び:自宅投資編】 資産価値が落ちにくい物件とは?