RC造とは?

RC造とは「鉄筋コンクリート構造(Reinforced Concrete Construction)」のことを指します。RC造の建物は主に鉄筋とコンクリートによって構成されます。組んだ型枠の中に鉄筋を配し、そこにコンクリートを流し込んで、柱・梁など建物の骨格部分を一体に作り上げます。引張力に強いけれども錆びやすく耐火性も低い鉄筋、圧縮力に強いけれども引張力に弱いコンクリート、この二つの材料を組み合わせて使うことで、お互いの欠点をカバーし合い、マンションに必要な強度を出します。コンクリートはアルカリ性のためそれに守られて鉄筋は錆びにくくなり、耐久性を保ちます。また火災時の鉄筋の強度低下を防ぎます。

knowhow_013
RC・SRC

SRC造とは?

SRC造とは「鉄骨鉄筋コンクリート構造(Steel Reinforced Concrete Construction)」のことを指します。建物は主に鉄筋・コンクリート・鉄骨によって構成されます。鉄骨の周囲に鉄筋を組み、コンクリートを打ち込みます。鉄筋コンクリート造の芯の部分に鉄骨が入っていると考えてよいでしょう。鉄筋や鉄骨をコンクリートで包むことで、錆びを防ぎ耐火性を持たせています。SRC造は、鉄筋コンクリート構造の長所である「変形のしにくさ」と、鉄骨造の長所である「しなやかさ」、その二つの長所をあわせ持っています。

それぞれのメリット・デメリット

【RC造のメリット・デメリット】
高い耐火性、耐久性を持っています。比較的自由な形の建築物をつくることができ、柱・梁で構成されるラーメン構造、柱・梁をなくした壁式構造、アーチ(曲線)構造など、目的によってさまざまな構造形式を選ぶことができます。デメリットは建物自体の重量が重いため、軟弱地盤や大空間が必要な建物に向かないことです。

【SRC造のメリット・デメリット】
耐火性、耐久性に富んでいます。鉄筋コンクリート造と鉄骨造の長所を持ち合わせており、柱や梁などのサイズが比較的小さくても耐震性の高い建物が建てられます。高層のマンションや大空間の建物に向きます。デメリットは建設コストが高くなることです。

関連記事

建物構造を紐解く!軽量鉄骨造(プレハブ工法)、SRC・RS造、木造・合成樹脂造のメリット・デメリットとは?
マンションの免震・制振・耐震構造とはどんな構造なのか?
燃えにくい性能をもつ「耐火構造」って何?
日本の活断層の種類は?海溝型地震、内陸型地震…。次の地震に備えよう
住まいの保険を再確認!火災保険と地震保険の基本をおさらい