マンションの通気口とは?

当時社会問題化していたシックハウス対策のため、2003年の建築基準法の改正で「住宅の24時間換気」が義務付けられました。住宅において、2時間で住宅の空気がほぼ入れ替わる程度の換気を24時間計画的に行いなさい、ということです。24時間換気を計画的に行うためには、それ以前に多く見られた窓やドアを開けることで換気を行う自然換気では不可となり、以下の3つの方法のいずれかを行う必要があります。1) 給気も排気も機械式の第一種換気2) 給気のみ機械式の第二種換気 3) 排気のみ機械式の第三種換気。この中で、マンションでも最も採用されているのが第三種換気です。排気はユニットバスの天井内に設置された機械で行い、給気は居室の壁につけた通気口から行います。

pixta_4028473_S-e1386727143563
意外と大切なマンションの通気口

マンションの通気口にまつわるトラブル

冬場、この通気口から直接入ってくる冷気が不快で通気口を閉めてしまう人がいるようです。本来なら通気口は、そこから入ってくる空気が人に当たらない位置に設けるとよいのですが、設計の段階でそこまできちんと検証されていないケースが多いようです。また、春先に中国大陸から飛んでくる黄砂やPM2.5、スギ花粉などにアレルギーのある人は、その季節に給気口を開けられないこともあるでしょう。昔の家屋と比べ、現在のマンションは気密性が高くなっており、隙間風がほとんど入ってきません。従って通気口を閉めてしまうと空気が入ってこないため排気も行われず、24時間換気のスイッチを入れていても規定の換気量が取れない可能性があります。そうなると室内の空気がよどみ、シックハウスの原因となる化学物質が排出されず、室内に結露が発生しやすくなります。

トラブル対策

給気口から冷気が入ってくる件については、壁の給気口と部屋のドアの下にあるアンダーカット(隙間)の間を風が抜けて寒いと感じるので、その風の流れを止めるよう、間に家具やカーテンを置いてみましょう。空気の流れを変えて、自分のいる場所を空気の通り道にしないようにするのです。黄砂、PM2.5、花粉など微粒子対策としては、通気口に粉じん対策用のフィルターを装着してみると、多少の効果は見込めます。フィルターは市販されているのでご自身でも取り付け可能です。先ほど一般的なマンションは第三種換気になっていると述べましたが、一部のマンションでは給排気ともに機械で制御する第一種換気が導入されています。その場合、各居室の通気口はなくなります。一か所に集約された給気口に高機能エアフィルターを設ければ、微粒子をシャットアウトしやすくなります。

関連記事

日本のマンションは内断熱が一般的で、外断熱マンションの数は少ない?
マンションでの騒音はどんなものがある?買う前にチェックしたい騒音対策
マンションの管理費はいくらが妥当?管理費の目安を知ろう
サービスルームは普通の部屋とは違う?
チェックシート 設計
住宅購入の隠れた穴場も分かる?東京の駅、検索伸び率ランキング~2015年度購入編