「最新のタワーマンションに興味はあるけど、一戸建ての魅力も捨てがたい」と迷う人も多いはず。
それぞれの特徴を知ったうえで、自分たちに合う住まいはどちらか考えてみましょう。

立地やセキュリティ、耐震性に優れたマンション 利便性が高い暮らしを望む方におすすめ!

マンションのメリット
1.ワンフロアなので生活が便利(メゾネットタイプを除く)2.セキュリティ対策が充実3.耐震、免震構造が導入された物件が増えている4. 一般的には一戸建てより駅近の物件が多い5. 同じ立地条件で比べると一戸建てより価格が安くなる傾向がある。マンションのデメリット1.生活音によるトラブルが心配2.毎月駐車場代、管理費などが必要3.改装できるのは室内のみ

マンションは、鍵1本で戸締まりが簡単にできるうえ、オートロックや24時間有人管理などセキュリティ対策が充実。安心感が高いのがポイントです。地震から命と財産を守る強い構造も魅力。大規模物件の中にはキッズルーム、温泉、ゲストルームなどの共用施設を備えたところもあります。無料または安価で利用できます。生活音などの心配はありますが、駅に近い物件が多いため共働きの家庭をはじめ、利便性を重視する人にはおすすめといえます。

好きなときに増改築、大型犬も飼える一戸建て
自由度が高く、のびのび暮らしたい家族に!

一戸建てのメリット1.庭、駐車場が持てる2.ペットが自由に飼える3.増改築、建て替えが自由4.土地が資産となる5. 独立しているのでプライバシーが確保される 一戸建てのデメリット1.メンテナンスは自分で行う必要がある2.駅近物件は少なく高額になる3.開口部が多く防犯面で心配4.隣家との位置関係により採光が制限される

一戸建て住宅は、敷地内に自分だけの駐車場を設置でき、庭をつくればガーデニングも楽しめます。マンションでは難しい大型犬などのペットを、気兼ねせず自由に飼えるのもうれしい点。また、建物は老朽化しても土地は資産として残ります。防犯対策や建てた後のメンテナンスは自分で計画して行うことになりますが、改造や建て替えは好きなときにできるし、上下階などの生活音を気にせずのびのびと暮らせそうです。

マンションと一戸建て お金の面から考えたらどちらがおすすめ?

住宅の価格は同じでも、購入後の維持費はマンションと一戸建てとでは大きく変わります。マンションの場合、毎月管理費と修繕積立金、車を所有していれば駐車場代も支払うことに。これらは下記データの試算だと毎月合計47000円、年間約56万円が必要です。一戸建ての場合は不要ですが、普段からこまめに手入れしたり、屋根や外壁の修繕や塗り替えは自分で業者を選定し必要な時期に行うことになるため、時間と手間はかかることになります。

購入費用+ランニングコストからマンションと一戸建てを比較

今回ピックアップしたメリット、デメリットは一般的なもので、実際には新築か中古か、建物の立地や面積、マンションでは規模はどれくらいか、などの条件によって異なってきます。それぞれの大まかな特徴を確認したうえで、自分たち家族にはどちらの生活が向いているか考えてみては。「利便性の高さが最優先」「住み心地を重視する」など、家族それぞれの希望を整理しながら、みんなが永く楽しく暮らせる住まいを見つけましょう。