30代は一戸建て購入の最初のタイミング

30代になると、購入できる物件の選択肢の幅が広がります
30代になると、購入できる物件
の選択肢の幅が広がります

30代での一戸建て購入が多い背景として、20代よりも勤務先や収入、家族構成が固まってくることがあげられます。30代は多くの人が一戸建ての購入を最初に検討するタイミングでしょう。

マンションに比べて一戸建ては独身で購入する人が少なく、特に、注文住宅は家族構成に合わせて間取りを考えていきますので、「何人家族で生活するか」というのは重要なポイントです。

独身や夫婦2人での生活のときに一戸建てを購入すると、子供の人数が未知数であるため、家族構成の変化によって、買い替えの必要が出てくる可能性もあります。そのため、一戸建てはマンションに比べて、独身や結婚直後のタイミングよりも、お子さんが生まれてから購入する人が多い傾向です。30代に入ると子供の誕生や成長を機に一戸建てを購入しようという意欲が湧きやすく、30代後半で家族構成の見通しが立ちやすくなります。

また、30代では社会人として10年以上が経過することで、20代の頃よりも収入が増えてきます。一般的に転職しやすいのは30代前半までであり、30代後半以降では勤務先が変わるケースが減り、今後の収入の見込みも見据えやすくなる年代です。頭金として貯蓄した額も20代よりも増えて、購入できる物件価格が高くなります。
できるだけ良い条件の物件を買いたいと思っても、20代では手が届く物件が限られます。購入できる物件の幅が広がり、家族構成や収入がある程度固まる30代は、一戸建て購入を決断するには良いタイミングといえるでしょう。

30代前半までの購入でローンの返済期間を長くとれる

30代後半からローンを組む場合は、計画的な繰り上げ返済を -177591412
30代後半からローンを組む場合は、
計画的な繰り上げ返済を

では、一戸建てを購入する人の多くが利用する住宅ローンの面では、30代での購入はどのような見方ができるのでしょうか。

住宅ローンの借入期間は35年以内で、かつ、完済時の年齢を80歳未満としている金融機関が一般的です。しかし、たとえば40歳で35年ローンを組むと、リタイア後の75歳まで住宅ローンを支払うことになり、相応の額の繰り上げ返済をしなければ、老後の生活に支障をきたす恐れがあります。60歳までに完済するためには、20代から30代前半までに住宅を購入すると返済期間を長くとることができます。
返済期間を長くとることで短期間の借入よりも金利負担は増えますが、月々の住宅ローンの負担を抑えて無理なく返済しながら生活できることはメリットがあります。毎月のローンの支払額は、これまで住んでいた賃貸物件の家賃の支払いと同額程度とすることが多いですが、自分のものになるという違いもあります。

ただし、30代後半から、35年ローンを組んで一戸建てを購入する場合には、60歳までの完済に向けて、計画的に繰り上げ返済をしていくことが必要です。

30代は20代に比べて一戸建てを購入する環境が整いやすく、住宅ローンを組んで、長期間にわたって安定的に支払っていきやすい年代と言えるでしょう。

不動産価格や住宅ローン金利による買い時も考慮しよう

不動産価格のニュースには目を光らせておきましょう
不動産価格のニュースには
目を光らせておきましょう

マイホームの取得に適した年齢は人それぞれですが、一戸建てを購入する際には、結婚や出産、子供の入学といったライフステージによるタイミングだけにとらわれないことも大切です。一戸建ての購入では、不動産価格や住宅ローン金利、住宅ローン減税や消費税増税といった国の政策など社会情勢による「買い時」もあります。

長い年月をかけて住宅ローンを支払っていくと、金利による総支払額の差は大きいです。終の棲家として購入したつもりの一戸建ても、転勤や親の介護による同居など住み替える可能性も想定されます。資産価値の下がりくい家を不動産価格の下降局面で購入すると有利です。また、購入したいと考えるタイミングで、希望するエリアで条件に合った物件がすぐに販売されるとも限りません。

30代での一戸建ての購入を考えたら、不動産価格や住宅ローン金利などのニュースに日頃から目を光らせておくとともに、不動産物件の情報収集も早めに進めていきましょう。

関連記事

一戸建てを購入するときどのくらいお金があるといい?自己資金は25%~30%以上必
長期優良住宅を建てると住宅ローンなど税金控除のメリットがたくさん?
年収300万円台でも手が届く、注文住宅を建てる工夫やヒント!
重要事項説明ではココを必ずチェック
オール電化住宅を建てるときや買うときに知っておきたいメリット・デメリット