さて、住宅ローンを借りるときには、『自分たちはいくらまでなら無理なく返せるか』を基本におくことが大切です。
一般に税込み年収に占める住宅ローンの年間返済額は、25%以内におさめるとよいといわれています。仮に税込み年収が400万円の場合は、年間返済額は100万円以内が妥当ということになります。

しかし、これはあくまでも目安です。
自分たちに合った無理のない返済額を算出する際には、住宅を取得することで「不要になる支出」と「新たに発生する支出」を整理することからスタートさせましょう。

たとえば、いま賃貸住宅に住んでいる場合は、住宅を取得することで月々払っている賃料が不要になります。また、頭金づくりのために定期的に行っていた預貯金もとりあえず不要となります。駐車場を借りている方が、マイホームの取得に伴って自前の駐車場を確保できることになれば、その分を住宅ローンの返済に回すことができるでしょう。

逆に住宅を取得することで、固定資産税などがかかり、交通費が増えることもあるでしょう。また、マンションでは管理費や修繕積立金などがかかります。

これらのプラス・マイナスをチェックして、返済可能額を計算してみるのです。 図表は毎月返済額から逆算した住宅ローンの借入限度額です。
自分たちの返済可能額が月々10万円という人は、年利3.0%、25年返済という条件で借り入れた場合は、2,108万円が借入限度額となります。
これに用意できる頭金をプラスした金額が、あなたが「買える家の値段」となります。

あなたはいくらまで借りられる?
毎月返済額 2.5% 3.0%
25年返済 30年返済 35年返済 25年返済 30年返済 35年返済
5万円 1,114 1,265 1,398 1,054 1,185 1,299
6万円 1,337 1,518 1,678 1,265 1,423 1,559
7万円 1,560 1,771 1,958 1,476 1,660 1,818
8万円 1,783 2,024 2,237 1,687 1,897 2,078
9万円 2,006 2,277 2,517 1,897 2,134 2,338
10万円 2,229 2,530 2,797 2,108 2,371 2,598
11万円 2,452 2,783 3,077 2,319 2,609 2,858
12万円 2,674 3,037 3,356 2,530 2,846 3,118
13万円 2,897 3,290 3,636 2,741 3,083 3,377
14万円 3,120 3,543 3,916 2,952 3,320 3,637
15万円 3,343 3,796 4,195 3,163 3,557 3,897

(単位:万円)

関連記事

超低金利時代。「ああ、迷う!」住宅ローンの金利は変動と固定どっちがいいの?
その年収なら、どんな家に住める?(1) これが「年収別適正家賃」!
変動金利と固定金利の違いは?必ず知っておきたい住宅ローン基礎知識
30代は一戸建て購入の最初のタイミング。ライフステージも住宅ローンも!