住まいを購入するときには、少なくとも住宅価格の2割以上の「頭金」が必要だといわれています。これは、住宅ローンを貸し出す金融機関の多くが、融資割合を住宅価格の8割程度としているためです。
金融機関によってはそれを超えて貸し出すケースがありますが、資金計画の大原則は『なるべく頭金を増やしてローンの負担を少なくする』こと。仮に3,000万円の住宅を取得するときには、最低でも600万円以上の頭金を用意することになります。

関連コラムマイホーム購入にまつわる話
手持ちのお金が足りない時

関連記事

頭金は最低2割はホント?頭金0でも大丈夫?手持ちのお金が足りない時の購入方法
一戸建て購入時、頭金ゼロでも大丈夫?
頭金ゼロ?マンション購入に頭金はいくら必要?
マイホーム購入時のうれしい特例「住宅借入金等特別控除」ってなに?
賃貸から家を購入して何が変わった?~住み替えした人に聞く、広さと間取りがこんなに違う~