税制は新年度ごとに変更が加えられます。
特にここに挙げた特例は期限付きのものが多く、ときには特例そのものが廃止されることがあります。
また、廃止されなくても控除額や控除期間、適用要件などが変更される場合が少なくありません。
住まいの購入・売却・買い換えを行う場合は、不動産会社の担当者や税務署のアドバイスを受けるようにしてください。

関連記事

不動産に関わる税制を学ぶ
住宅を購入・所有した場合の税制優遇制度
家を売ると税金がかかる!?土地・建物を売却する際に注意すべきポイントは?
2019年10月、消費税が10%に上がったらどうする?家を買う時期を考える
長期優良住宅を建てると税金控除のメリットがたくさん!逆にデメリットは?