築年数で判断できない物件も

住まいを選ぶとき、新築中古という選択肢がありますよね。

まず、新築住宅は一般に設備や工法において最新のものが導入され、プラン面でも中古住宅よりも改良が進んでいると考えられます。特に断熱性能や耐震性能があげられるでしょう。とはいえ、高額のハイグレード物件から安価な物件まで住宅といってもさまざまです。築10年、築20年を経っていても新築と比べていいものも中古物件の中にはあり、新築だからといって一概にいいとは言えません。

現状20年経つと住宅の価値はほぼ0になってしまいますが、だからといって古さを感じさせない中古物件もあります。単に築年数だけで判断するのは禁物です。特に今から20年前はバブル時代の物件が多く、現在の建物よりもお金をかけて丁寧につくられた建物もあります。

新築か中古か。一戸建ての場合、どういった点で新築と中古を選べばいいのか。「選び方」について今回お届けします。

private house with a garden in rural area
新築か中古か?

住まいの探し方

新築か中古を最初から限定せずに探す際には、住まいに関する優先事項を作っておくといいでしょう。

金額なのか、間取りなのか駅徒歩なのか、駐車場があるのか、学校などが近くにあるのか。HOME'Sだけでなく他のポータルサイトにも言えることですが、優先する条件をもとに探すといいでしょう。ただ、同時に妥協できる条件も考えておくのが重要です。

妥協できない住まい条件をもとに、最終的に新築か中古かを出していくほうがいいでしょう。

実物を見て買う

物件選びでは新築の場合、パースのみあるいは現在建設中で実物を見れない場合があります。一方で中古物件はもちろん実物を見て買うことができます。

イメージだけで購入すると実際に見た際にギャップが生まれるケースもあるので、その際にはよく間取り図を見たり、購入するメーカーの担当者に話を聞いたりして、実物を見てがっかりすることにならないようにしましょう。

諸費用を含めて価格を判断する

購入価格は、特殊な時期を除いて一般に中古のほうが割安です。安く買って浮いた予算をリフォーム費用などに充て、自分たちの気に入った居住空間をつくりたいということから中古を選ぶ人もいます。

ただし、価格が割安だといっても、税金などの諸費用を考えると、むしろ高くつくことがあります。 代表的な諸費用に仲介手数料があります。これは仲介会社に支払う成約報酬です。「購入価格×3%+6万円(プラス消費税8%)」が上限額となっています。

新築住宅でも仲介会社を通して購入すれば仲介手数料がかかりますが、通常は分譲会社から直接買うので不要です。税制の面でも新築が優遇される傾向にあり、中古のほうが割高になってしまうケースが少なくありません。

以上のことを総合すると、価格面では新築に比べて1~2割以上安くないと、中古のほうが実質的に割高になってしまう場合があるので、注意してください。

また中古とはいえ、立地などにより新築のときよりも高くなっている物件もあります。購入したいエリアの価格の推移などを事前に調べたほうがいいでしょう。

関連コラム マイホーム購入にまつわる話
現地へは何度も足を運ぼう
シックハウス対策は万全か?

関連記事

絶対新しい方がいい? いやいやそうとも限らない新築 or 中古 物件購入最初の選択
新しい中古住宅購入のカタチ-今どきの中古住宅購入事情
一戸建てを買うとき、見過ごしやすい現地チェックの方法(環境編)
これからも増え続ける空き家。リフォームやリノベーションで中古住宅に新たな価値を
資産価値が落ちない地域の共通点とは?