住宅ローンの金利は、わずかな違いでも大きな差額となって表れます。
図表1は1,000万円を借り入れたときの毎月返済額を試算したもの。ご覧のように1%違うだけでも毎月返済額は数千円の差となり、トータルでは百万円単位の差となります。さらに借入金が2倍になれば、同様に返済額も2倍にハネ上がってしまいます。 また、表面金利は同じでも、その金利に保証料などを含んでいる場合と含んでいない場合があるので、金利の内容を金融機関にしっかり確認しましょう。

図表1 金利の違いで返済負担はこんなに異なる
年利 毎月返済額 総返済額
2% 4万2,385円 1,271万5,500円
3% 4万7,421円 1,422万6,300円
4% 5万2,783円 1,583万4,900円
5% 5万6,637円 1,699万1,100円
6% 6万4,430円 1,932万9000円
7% 7万0677円 2120万3100円
8% 7万7181円 2315万4300円

関連記事

変動金利と固定金利の違いは?必ず知っておきたい住宅ローン基礎知識
買える物件金額を知りたい! 住宅ローンシミュレーションの方法を学ぼう
コラム VOL.7 変動か固定か?住宅ローン金利はいつごろ、どのくらい上がる?
最新の住宅ローン金利動向