業界団体に加盟しているかどうかも信用度を測る際の目安のひとつです。
たとえば広告の掲載内容については、業界団体に加盟している不動産会社では「不動産の表示に関する公正競争規約」(表示規約)の自主規制を受けます。
また、公益法人である団体業界では、加盟に際して資格審査を行うほか、会員各社の資質向上を図るため研修会を催したりしています。
苦情処理の相談窓口を設け、購入者との間で起きたトラブルの相談を受け付けているところもあります。

関連記事

広告を見てチェックする
不動産売買でトラブルが起きないために。不動産広告の正しいミカタ
不動産屋へGO! – いい不動産屋さん、悪い不動産屋さんの見分け方は
【トラブルなく賃貸物件を借りるには1】こんな広告に注意!~定期借家編
ホームズくんの物件検索大調査 HOME'Sの検索はこんなにスゴイ!