1.申込

まず、購入物件を絞り込んだら、現地の販売事務所などへ出かけて申し込み手続きを行います。このとき先着順受付の場合は、認め印と所定金額の「申し込み証拠金」を持参します。だいたい5万円~10万円というケースが多いようです。

2.重要事項説明

購入できることが確定したら、重要事項説明会に出席します。購入物件の詳しい内容や契約日、手付金等の支払い条件などの説明があるので必ず出席します。売買契約を解除したときの取り決めなどについても説明されます。

3.売買契約の終結

重要事項説明が終わると、売買契約を結びます。このときに所定の「手付金」を払います。金額は不動産会社によって100万円の場合もあれば300万円という場合もあり、まちまちです。金額が多いときは、不動産会社が倒産したときに戻ってくる「手付金等の保全措置」の有無を確認してください。

4.住宅ローン申込

契約締結後、住宅ローンに申し込みます。万一、住宅ローンが借りられない場合は、売買契約の取り決めにしたがって解約することになります。このときに手付金を戻してもらえるかは、重要事項説明書と売買契約書に記載されています。

5.引越し

金融機関の融資が実行されると、所定の期日までに購入代金の残金を払い込んで、物件の引き渡しを受けます。

『売買契約締結』以降のプロセスと各ステップで支払う金銭

chart01
『売買契約締結』以降のプロセスと各ステップで支払う金銭

関連コラム マイホーム購入にまつわる話
支払うお金の意味

関連記事

マイホーム購入マニュアル
マンション購入、情報収集マニュアル
引越しの流れをつかむ – 1ヶ月前(引越しが決まったらすぐ)にやるこ
土地を買って注文住宅を。入居までの流れをシンプルにまとめました!