住宅建材などに使用された化学物質が原因で、吐き気やめまいなどの症状を引き起こす「シックハウス症候群」。
2002年7月にシックハウス規制が盛り込まれた建築基準法が改正され、03年7月から施行されています。

主な改正ポイントは、
1.シックハウス症候群の原因とされる有害物質の使用の制限・禁止、
2.換気設備の設置義務
の2点です。

規制される有害物質はクロルピリホスとホルムアルデヒドの2物質で、前者はシロアリ駆除剤、後者は木質系の合板などに使われるケースが多くありました。
両物質はJIS(日本工業規格)などで発生量を明示した等級別に建材の使用面積を定めるほか、等級区分に該当しない建材の使用は禁止されます。このほかに有害物質として、接着剤や塗料に含まれるトルエンやキシレンなどの揮発性有機化合物(VOC)もありまが、今回の規制対象からは外されています。
換気設備の設置義務では、汚れた空気の「排気」と新鮮な空気の「給気」ができるようになっていることが必要です。改正以降に供給される住宅には、「24時間換気システム」などが標準装備されています。

以上のように法律でシックハウス対策が規制されるようになり、ひとまず安心といえますが、これはあくまでも最低基準。住まい選びに際しては、自分たちの目でもしっかり確認するようにしましょう。

関連記事

新築もしくはリフォーム後の建物に入った途端体調不良になったら…。シックハウス症候群とは?
空気がこもりがちな高気密・高断熱のマンションは通気口が重要
住宅性能表示制度
築5年、築10年、築20年…築年数によって異なる中古住宅リフォーム費用の目安とは
事前に調べず後悔する人が多いのは○○~周辺環境編【住まいの購入失敗談1】