STEP1 物件探し 情報収集

title_step1_1_header

家が欲しいと思ったら 期間の目安:1ヶ月

1.購入予定時期の決定
将来の計画・経済状況などを考慮して、いつ頃住宅を買うか、大体の購入スケジュールを立てる

2.おおよその予算決め
年収・自己資金などをもとに、購入金額の大体の予算を決める

3.希望条件の整理・情報収集
情報収集に取りこぼしがないように、【HOME'S】で物件を検索!

物件検索チェック項目
・希望のエリア(複数)
・価格/エリアの相場価格
・間取り/土地の大きさ
・沿線/最寄り駅
・利便性/交通の便
・住環境/立地

bg_illust_search
物件探し、資料請求

ADVICE&POINT
・物件を選ぶ際の基準を設けよう!
住宅には「長所」と「短所」があるものです。限られた予算と時間の中から希望の物件を見つけるためには、将来の計画、ライフスタイルなどを考慮して、希望条件の優先順位をつけると良いでしょう。

・具体的なマイホームのイメージをつかもう!
家族と相談しながら、将来的な条件や要望などを詳細に書き出すことで、住みたい家のイメージが段々明確になってきます。

STEP1 物件探し 資料請求

気になったらとにかく資料請求してみよう!

title_step1_2_header

お気に入りの物件が見つかったら… 期間の目安:3ヶ月~

1.【HOME'S】から資料請求
気に入った物件を資料請求!

2.資料確認・検討
パンフレット・資料が届いたら内容をチェックして物件詳細やイメージなどを確認

3.現地見学の日程調整
「百聞は一見にしかず!」現地見学の日程を決めて予約を入れる
再度資料請求→
希望のイメージと違っていたら、【HOME'S】に戻ってふたたび資料請求!

4.現地見学の準備
現地見学の日程が決まったら、希望条件をまとめるなどして準備する

再度資料請求→希望のイメージと違っていたら、【HOME'S】に戻ってふたたび資料請求!

ADVICE&POINT
・できるだけたくさん資料請求して候補物件を増やそう!
この段階で候補物件を絞り込みすぎると、チャンスを逃してしまう恐れがあります。希望に合うものだけでなく、エリアや予算などの条件を少しずつ変えて、複数の物件を資料請求しましょう!
・希望の物件と違ったら【HOME'S】で再検索!
パンフレットのイメージが希望と全然違っていたら、もう一度【HOME'S】で検索して候補物件を見つけましょう!

STEP1 物件探し 物件の見学

実際に現地に行ってみなければ、物件の良さは分からない!

title_step1_3_header

物件見学をする際は… 期間の目安:3ヶ月~

1.チェックリストを作る
事前に物件の気になる点や確認したい箇所などをまとめる

2.住宅の内外をチェック
チェックリストをもとに建物外部・内部、庭、建物周辺を確認

3.住環境をチェック
住宅の周囲の環境・雰囲気や交通量、騒音などを確認

4.歩いてみる
車を使わないで最寄り駅や公共機関まで実際に歩いてみる


チェックリスト
見学時に便利なチェックシートをご用意!
チェックシートをダウンロード(PDF形式)
その他チェック項目はこちら

【建物】
・天井高
・窓サイズ
・柱や梁の出っ張り
・照明位置
・内・外装の仕上がり
・防音効果
・ドア・襖などの建付け
・換気・空調設備
・私道・共用施設の有無
・水回り
・基礎工事(土台)の状態
・防音効果
・ドア・襖などの建付け

【周辺】
・道路幅
・電柱の有無
・道路の状況(交通量など)
・交通機関の状況(本数、混雑状況など)
・駅周辺の駐輪・駐車場

【その他】
・地盤
・土質
・以前の土地利用方法

ADVICE&POINT
・パンフレットではわかりにくい点を重点的に!
内装、設備の使い勝手、街や住人の雰囲気、交通量や騒音、商店の有無など、実際に現地に行かないと分からない点を中心にチェックしましょう。
・異なる条件・状況でもう一度見学!
気に入った物件は、見学した日とは違う条件でもう一度チェックすると良いでしょう。日が暮れた後の様子や、天気の良い日の日当たりなども確認しておくと良いでしょう。
・納得いくまで現地見学しよう!
人生で一番大きな買物になるのですから、気になる物件があれば何件でも見学に行きましょう!多くの物件を見ることで、判断基準が明確になり、また物件価格の相場が分かってきます。

関連記事

【一戸建て購入連載①】持ち家VS賃貸、生涯で住宅費がより低いのはどっち?
自分にあった暮らし方を検討してみたい方に。家族で住宅展示場に行ってみよう
新築一戸建てのモデルハウス「見学デビュー」しよう!
本当に良かった設備1位は副収入にもなるあの○○【住まいと設備の調査】
同じ広さの土地で建てられる住宅に違いがある!?建ぺい率と容積率を知る