バス便利用でも、購入してよい条件は?

バスを使わなければ電車の駅までたどり着けない場所、いわゆる"バス便エリア"は不便である。しかし、その分、分譲価格が安い。駅に近い住宅と同じ価格で、格段に広い家が手に入る。そういった長所もあるために、「便利さを取るか」「ゆとりを取るか」で多くの人が迷うことになる。

"バス便エリア"であっても、「将来、その家の近くに新しい電車の駅ができることになっている」というなら、結論を出しやすいだろう。新駅ができるまでの少しの間、我慢すればよいからだ。

ただし、その場合は分譲価格に割安感がなくなる。将来、駅ができることを見込んだ価格設定になるからだ。

割安感があるのは電車の駅ができる見込みのない"ずっとバス便エリア"の物件。それを選んでよいのか。

私は、「それでも、選んでよい」と思っている。戸建て住宅であれば、利便性と共に環境のよさや住戸のゆとりも重要。環境のよさとゆとりを重視した結果、駅から離れてしまっても、それはそれで正しい選択といえるからだ。

ただし、"バス便エリア"の物件を買う場合、いくつかのチェックすべき項目がある。まず大切なのは、「バスが利用しやすいかどうか」。以前に比べて路線バスは利用しやすくなっている。時刻表どおりに運行されることが多いし、深夜まで便が設定されているところもある。

そういった「正確で本数が多い」バス便であれば、住んだときの不便さは少ない。合格点を与えられるだろう。

バスの本数が多く、時刻表通りに運行されれば、「駅から徒歩12分」よりも「駅からバス8分徒歩2分」のほうが便利ではないか。特に雨の日や猛暑の日はバスのほうが快適。そう考えられるのだ。

避けるべき"バス便エリア"の見極め方

pic_detail01
バス便エリアは不便?

"バス便エリア"を検討するとき、気をつけなければならないことがある。それは、朝の通勤時間帯にバスが時刻表どおりに運行されない場所。そのような場所は、駅周辺の道が混みやすいことを意味している。道路が渋滞し、そのなかにバスが巻き込まれて、時刻表どおりに来ないわけだ。

その場合、タクシーを呼んでもなかなか来てくれない。抜け道がないと、マイカーを出しても渋滞の列にはまるだけ――こういう"バス便エリア"の一戸建ては要注意である。

朝夕、駅周辺の道路が混んでバスの運行に支障がでていないかどうか。それは、"バス便エリア"の一戸建てを買うときの重要なチェックポイントになるわけだ。

次は、「バス便エリアの意外な盲点」についてお話ししよう。

関連記事

現地チェックの方法(街の利便性)
子供のいる家族が住みやすいエリア探しのコツ
「本当に子育てしやすい街」「子育てしにくい街」とは?ママたちの本音を大公開!
あなたの住んでいるエリアをチェック!ハザードマップの見方と活用法とは?
あの下町に危険度の高いエリアが集中?【東京都地震危険度調査1】