子供部屋は6畳、LDは15畳、天井高は2m50cm

日本では部屋の広さを表すのに畳数が用いられる。「12畳のリビング」とか、「3.5畳のキッチン」という言い方がされるわけだ。畳の部屋が少なくなっている現在でも、日本人には畳を基準に部屋の広さを表すのが、わかりやすいのだろう。

では、日本人にとって、快適な部屋の広さは畳何枚分なのだろう。

子供部屋は、6畳の広さが基準。6畳の広さがあれば、ベッドと机を置いて、多少のゆとりもある。夫婦二人の寝室(主寝室とよばれる)は、もう少しゆとりを持たせて7畳から8畳程度が一応の目安。その広さがあれば、子供が小さい間、ベッドを3つ(場合のよっては4つ)並べて寝ることができる。

LDと略されるリビングダイニングの場合、12畳あれば合格点で、できれば15畳以上の広さが欲しいところ。「広々したLD」に暮らしたいなら、20畳以上の広さが目安となる。

ただし、ダイニングが別のリビングなら10畳で合格点、できれば12畳、15畳で広々した印象となる。

リビング部分の天井高(床面から天井面までの高さ)は、2m40cmが平均値。これが2m50cm以上になり、庭に面した窓の高さが2m10cm以上になると開放感がぐっと増す。覚えておきたい数字だ。

多ければよいというものではない収納スペース

pic_detail01
収納スペース

収納スペースは、多ければ多いほどよいと考えられがち。しかし、実際は単に多ければよいというものではない。広くて使いにくい収納スペースだと、奥に死蔵品がたまるだけ。必要な場所に十分な広さで使いやすい(仕舞いやすく、出しやすい)収納スペースを備えているのが理想だ。

では、どのくらいの収納面積があればいいのか。私は、「1人1畳分」が目安になると思っている。4人家族なら4畳分の収納スペース。4畳は2坪なので約6.6m²程度だ。それとは別にグルニエ(小屋裏収納)があれば、十分な収納量といえる。それでも荷物がはみ出すときは、無駄なものを捨てるほうがよい。それが、いま主流になっている考え方である。

次は、「防犯性の高い住宅を選ぶには」についてお話ししよう。

関連記事

今よりも家事がラクになるには何が必要?家事動線を意識した間取りの物件選び方について
間取り変更ができないマンションがあるって本当!?購入時に気をつけたいポイント
風水で考える一戸建ての間取り~開運は気の入り口である玄関から
結婚しやすい間取りとしにくい間取りがある?【同棲実態調査①】
【間取り女子のMADORI探訪①】細長い部屋と開かずの三角形
【間取り探偵・あの家の間取りを大推理!】サザエさんちの5年後はどうなっている?