基本性能は、断熱性が高いこと

建売住宅でも、エコの工夫は当たり前に採用されるようになった。その第一段階は、建物の断熱性を高めること。外壁を部厚くし、壁や屋根の内側に断熱材を入れる。玄関ドアも断熱材入りとし、窓ガラスも複層(ペアガラスとも呼ばれる)にする。

まるで魔法瓶のような構造にすることで、冷暖房効率を上げて電気・ガスの使用を抑える。これでCO2の排出量が減るし、光熱費も下がるわけだ。ただし、魔法瓶のようにするだけでは不十分。室内の空気がよどみ、カビが発生しやすくなるからだ。カビの発生を防ぐためには、室内の換気をよくすることが必要。そこで、24時間換気装置を設置することが建築基準法で義務づけられた。

今の住宅は、マンションも一戸建ても高い断熱性と24時間換気装置で、エコで健康的な暮らしが実現するようになっている。

加えて、効率のよい熱源機(給湯器など)を設置することで、さらにCO2排出量が減る。オール電化住宅の場合はエコキュート、電気ガス併用住宅の場合はエコジョーズが効率のよい熱源機の名称である。

もう一つ、照明をLEDに変える・・・ここまでは、多くの住宅で採用される基本的なエコ工夫。さらに、物件によっては、もう一歩進んだエコの工夫を採用することもある。

最高レベルは、エネルギーをつくり出す家

pic_detail01
エネルギーをつくり出す家

もう一歩進んだエコとは、最新機器を駆使した工夫である。

たとえば、屋根に太陽光発電機(ソーラーパネル)を設置し、電気をつくり出す。ガスで電気をつくり出し、その際に発生する熱でお湯をつくる装置(エコウィルやエネファームなど)を設置した物件もある。さらに、太陽光発電の様子を含め、住宅内の電気・ガス使用料が一目でわかる掲示板付きの住宅も広まっている。

このような最新機器を設置すると、分譲価格が上がる。しかし、行政による補助も付くので、想像したほど高くない、というケースも。そういう物件に出会ったら、うれしいことは間違いない。

次は、「大規模住宅地のメリット」についてお話ししよう。

関連記事

建てる – 太陽光×燃料電池 – 最新のエコエネルギー
住宅版エコポイント
「建築物省エネ法」は一戸建てにどう関係する?届出は?建築費は高くなる?
最新設備をピックアップ
地震に強い構造は