木材を節約し、窓を大きくできる在来工法

在来工法というのは、「昔から日本にあった建築方法」という意味。日本では柱と梁を組んで家の骨組みを造る手法が用いられてきたため、木造軸組工法や在来軸組工法という呼び名もある。

ただし、初期の木造住宅はもっと原始的な方法で建設された。校倉(あぜくら)造りのように木を組んで家を形成したものと考えればよい。

校倉造りは、木をたくさん使う。ところが、日本の木は生育が遅く、太く育った木は貴重。貴重な木を無制限に使うことはできない。加えて、高温多湿の日本では、窓や部屋と部屋との仕切を大きく開け放す必要があった。このような制限をクリアする方法として考え出されたのが、軸組工法というわけだ。

柱と梁で建物を支え、壁は土を練って塗り固める方法なら、使用する木の量を節約できる。加えて、大きな開口部(窓など)も設けやすい。以上の理由で、日本では軸組工法が発展し、古くから地元に根付いて建設業を営む工務店は、たいてい在来工法を得意とするわけだ。

欧米で発達したツーバイフォー工法

pic_detail01
工法の違い

ツーバイフォーは、2X4(ツーバイフォー)インチの断面をもつ角材とベニヤ板で丈夫なパネルをつくり、このパネルを床や壁にして家を造り上げる方法だ。壁パネル全体が柱の役割を果たし、床パネル全体が梁の役目を果たすため、壁式構造とも呼ばれる。

正確に言うと、壁式構造のうち2X4インチの角材を使った家がツーバイフォー住宅。しかし、壁式構造に用いられる木材は2X4インチだけとは限らず、欧米では2X6(ツーバイシックス)インチや4X8(フォーバイエイト)インチの断面をもつ、より太い角材を用いることもある。

壁式構造の住まいは、いわば木箱のような構造であるため、地震の揺れのように水平方向の力がかかっても変形しにくい。つまり、揺れにくい。それが、「地震に強い」といわれる理由だ。

次は、「鉄筋コンクリート造はないの?」についてお話ししよう。

関連記事

一戸建て住宅 建築工法のメリットとデメリット
将来、リフォームできないことは?
地震に強い構造は
マンションの免震・制振・耐震構造とはどんな構造なのか?
不動産を買う時に考えたい「資産価値」