「土地面積の何割を使えるか」が建ぺい率

建ぺい率というのは、簡単にいうと「その土地のどれほどを建物用に使えるか」を定めたもの。例えば、広さ120m²の土地で、建ぺい率50%となると、120m²の50%=60m²を使って建物を建設できることになる。

120m²で40%ならば48m²まで。もし、建ぺい率100%というような土地があれば、120m²の土地をめいっぱい使って建物を建設できるわけだ。

駅周辺の「商業地域」では、このように「建ぺい率100%」という場所がある。さらに、商業地域では「隣の家にかかる日陰」に関する規制がないなどの理由により、建物と建物がぴったりくっつくように建設しても違法ではない。

建ぺい率が大きければ大きいほど、建物用に活用できる面積が広くなるため、「土地の利用価値が高い」とされる。逆に、建ぺい率が小さくなると、利用価値も下がる・・・のだが、一戸建て住宅地では、「そのほうがゆったりとしてよい」という評価も生まれる。

一戸建て中心の住宅地では「建ぺい率50%」というところが多くなるのだが、それでもよいと考えられているわけだ。

「家の延べ床面積」を決定する容積率

pic_detail01
建ぺい率と容積率

もうひとつの容積率をわかりやすくいうと、「その土地に建設できる建物の延べ床面積」を定めたもののことだ。延べ床面積とは、床面積の合計。2階建ての場合、1階と2階の床面積を合わせた数字を指す。

土地の面積が120m²で、容積率が100%であれば、建設できる建物の延べ床面積は120m²まで。容積率が80%ならば、建設できる建物の延べ床面積は96m²までとなるわけだ。

この容積率は建ぺい率とセットになっており、「この土地は建ぺい率50%・容積率100%」というように表記される。

建ぺい率・容積率をみれば、その土地にどのような住宅が建設されるかがわかる。土地に対する大事な目安になるわけだ。

次は、「建ぺい率と容積率の応用知識」についてお話ししよう。

関連記事

同じ広さの土地で建てられる住宅に違いがある!?建ぺい率と容積率を知る
建坪、建築面積、建ぺい率・・・。知っておきたい住まいの基本用語
周辺相場よりも土地が安い!?旗竿地のメリットとデメリット
「狭小住宅」工夫次第で広々快適空間。手の届く予算で都心に一戸建てを!
限られた土地で、空間を広く使うにはスキップフロアが重要?段差を取り入れた一戸建てを考える