土地と建物をセットで購入するのが建売

一戸建てを手に入れるには、いろいろな方法がある。親が持っている土地の一部に建築士の手を借りて家を新築してもよいし、土地を新たに購入し、ハウスメーカーの家を購入してもよい。そのように自前の土地に建物を建ててもらうときに利用するのが注文住宅やハウスメーカーの住宅(企画提案型住宅という)だ。

建売住宅を買うのも、一戸建てを手に入れる方法の一つ。そして、最も手間がかからない方法である。

建売住宅の定義は、土地と建物をセットで販売されるものとなる。建物は、購入者が決まる前に設計され、建築が始まる。その建築の様子を見ながら、購入者が買うかどうかを決める、というのが基本的な販売方法となる。

つまり、分譲マンションと同様に購入者の意向は入らない、というのが建売住宅の基本的考え方。最近は、購入者の希望を取り入れる手法も現れているが、本来は意向を入れずにつくるもの。そのおかげで、大きなメリットが生まれる。

建売住宅はパッケージツアーに似ている

pic_detail01
建売住宅のメリット

建売住宅のメリットとは、購入者の意向を入れない分、建設費が安くなるということ。例えば、ほぼ同仕様の家(外観は多少異なるが、外壁材や内装材、住戸内設備は同じという家)を10軒建設すれば、1軒あたりの建設コストが安くなる。設計費用が安上がりになるし、設備や建具をまとめて注文できるので、その面でのコスト削減もある。こういった工夫で、分譲価格を抑えるのが、建売住宅の本質。つまり、自分で土地を探し、注文住宅を建てるよりも安くマイホームを購入できる。

たとえて言えば、パッケージツアーと個人旅行の違いのようなもの。個人旅行では自分で飛行機のチケットをとり、ホテルを予約して、ガイドが必要なら、自分で手配する。これに対し、パッケージツアーはすべて用意され、しかも割安。わがままは言えないが、手間がかからず、リーズナブルだ。パッケージツアーと同様に、庭付きマイホームを手に入れるとき、手間がかからずリーズナブルな選択――それが、建売住宅といえる。

次は、「建売住宅には「建築条件付き土地」というバリエーションもある」についてお話ししよう。

関連記事

一戸建ての建売住宅の建物チェック方法はここに注意!~新築一戸建て購入術
誤解しやすい不動産用語「建築条件付き土地」
建売住宅に地下室付きが少ないのはなぜ?
建売住宅VS注文住宅。それぞれのメリット・デメリットとは?
最近の建売市場はどうなっている?