完全分離型が本当に理想だろうか

二世帯同居は完全分離型がよいとされている。上と下、右と左で親世帯・子世帯を分け、それぞれに玄関とキッチン、お風呂、トイレ等を設置。ドア一枚で交わるのが理想というわけだ。

が、私の考えは異なる。完全分離型が「理想的」といえるのは、親世帯が元気なとき。お互いのプライバシーを重んじ、アツレキが生じないためには完全分離型がよい。

しかし、親のどちらかが「要介護」となると、事情が一変する。介護付きで二世帯同居を行うときは、完全分離では暮らせない。サザエさんの家のように"完全一体型"の暮らしでないと、現実的な生活が成り立たない。

これからの日本では、そのような形の同居が増えてゆくと思われる。となると、必ずしも完全分離型が理想とはいえない。加えて、完全分離型は広い土地がないと実現しにくく、誰でもできるわけではないという問題もある。

ゆとりある4LDKならば二世帯同居は可能

pic_detail01
ゆとりがあれば二世帯同居は可能

4LDKの家で、1階にはLDKとお風呂と和室、2階には洋室が三つ――このような住まいを購入したとする。その家で、同居を行うと、1階の和室で親世帯が寝起きをして、2階の洋室三つに子世帯が暮らすことになる。在宅介護をする場合も、それで生活できる。

その場合、2階にもトイレと洗面所があったほうがよい。さらに、リフォームで2階にも浴室を設け、小さなリビング(ファミリールーム)が2階にあればいうことなし。これで、介護付きの二世帯同居がスタートできる。

そのようなリフォームが可能なゆとりある家を買っておくこと。それが、将来の二世帯同居を見据えた現実的住宅購入と考えられるのである。

次は、「一戸建てであきらめなければならない設備」についてお話ししよう。

関連記事

少子高齢化時代 二世帯住宅を真剣に考える
少子高齢化社会で二世帯住居は増える?高齢の親と暮らすための住まいづくりのポイント
異世代ホームシェアに注目。期待される社会背景や、メリット・デメリットとは?
少子高齢化対策として期待される“二世帯同居”。メリット・デメリットをおさらい!
不動産を高く売る方法とは?査定の仕組みを知って“売却のコツ”を知ろう