管理費に変わる各種費用が発生

一戸建ての場合、毎月銀行口座から引き落とされるお金はない。しかし、だからといって、家の維持管理に1円もお金がかからないわけではない。その点は注意が必要だろう。

マンションの場合、庭の掃除や植木の手入れ、屋根の補修などを各住戸で行うことは基本的にない。清掃業者や造園業者等に依頼し、その費用を管理費や修繕積立金で払う形式になる。

これに対し、一戸建てでは住んでいる人が庭の掃除や植木の手入れを行わなければならない。自分で植木の手入れをするのが面倒なら(実際、後片付けまで考えると非常に面倒だし、むずかしい技術も要求されるので)、職人さんに入ってもらわなければならず、その費用を払う必要がある。その費用は庭の広さにより、数万円から10万円以上になることもある。

最近は、一戸建て暮らしでも警備会社のセキュリティサービスを頼むケースが増えた。その費用は、毎月5,000円以上見込まないといけない。そのほか、駐車場に柵やゲート、屋根を設置すると、それぞれに数十万円かかるといった出費もある。

家を維持してゆく修繕費も、やっぱり必要

pic_detail01
修繕費が必要

建物に関しても。10年ごとに外装を補修するのが望ましいとされるが、その費用も個人で支払う。家を維持管理するための費用は必ず発生し、その都度必要な金額を支払うことになる。ちなみに、外装メンテナンスの費用は数十万円から100万円以上。かなりの出費である。

毎月払わないだけで、家を維持する費用は同じようにかかる。ただし、一戸建てでは個人の努力、例えば庭仕事や大工仕事の腕を上げることで、維持費用を節約できる。それも、また一戸建てのメリットだろう。

次は、「一戸建てはマンションより防犯性が低い?」についてお話ししよう。

関連記事

一戸建ての維持費・諸経費はどのくらい?
マイホーム購入で支払うことになる「固定資産税」の話~一戸建て編
固定資産税について知っておくべきこと
一戸建てとマンションの違い
税金は、建物に多くかかる?マンションVS一戸建て。買うならどっち!?