建売住宅のメリットとデメリット

建売住宅のメリットとして、まず購入手続きが簡単なことが挙げられます。売主業者のプランで建てられた住宅を、その敷地と一緒に購入することになるため、売買契約時に手付金を支払って、残りのお金は住宅ローンで一括して借りるなど、資金の流れはマンションや中古住宅を購入するときと同様に、比較的単純です。また、注文住宅とは違い、打ち合わせなどで時間を取られることが少なく、仕事が忙しい場合でもスムーズに購入することができます。複数の棟が同時に売り出される現場であれば、敷地境界が明確にされることが多く、隣地とトラブルを生じる可能性は低いでしょう。建築に合わせて、周辺道路の整備などが行われる場合もあります。

建売住宅のデメリットとしては、間取りや設備などがなかなか自分の思いどおりにならないことが挙げられるでしょう。一部、間取りの変更ができたりオプションで設備の取り換えができたりするケースはあるものの、自由に変えられるわけではありません。また、画一的な建物になりがちで、隣地とそっくりな建物が並ぶ場合もあります。着工時から建築の様子を確認することは困難なため、しっかりとした工事が行われているのか不安が残る面も否めません。さらに、敷地が細分化されることによって隣家との間隔が狭くなる場合も多いものです。

kounyu_013
建売 注文住宅

注文住宅のメリットとデメリット

注文住宅のメリットは、建物の構造や間取り、設備、内装などを自分の希望どおりにできることです。自らが「施主」として、着工前から竣工までのすべての過程を詳細にチェックすることができ、「自分が建てた家」という満足感や充実感も得られやすいでしょう。

その反面で、設計や見積もりの段階において建売住宅とは比べものにならないほど多くの時間を割かれます。工事や設計の変更などで追加費用が発生しやすく、予算オーバーになりがちなこともあるでしょう。建築を依頼する工務店やハウスメーカーによって支払い条件は異なり、資金計画は繁雑になりがちです。また、先に土地を購入して注文住宅を建てる場合、土地購入資金に対する金融機関の融資が難しい場合もあります。土地購入資金を住宅ローンの一部実行分として融資する金融機関のほか、土地購入には住宅ローンよりも高い金利のローンしか融資しない金融機関もありますから、事前に入念な打ち合わせをすることも欠かせません。

「建売住宅vs注文住宅」それぞれのコストの違いは?

一般的な建売住宅は、設備や内装などが平均的なグレードに留まりがちです。建築会社の利益だけでなく、それを販売する不動産業者の利益も上乗せしたうえで、「売れ筋の価格帯」に収めることや、万人受けして売りやすいことが優先されますから、あまり高級な設備やこだわりの内装などは取り入れにくいのです。量産品で比較的安いものが使われることも多いでしょう。それに対して注文住宅では、個人のこだわりが反映される分、建物の価格は高くなりがちです。工務店などとの請負契約とは別に、建築家に設計やデザインを依頼することで、支払いが増える場合もあります。

注文住宅でもあまり仕様にこだわらなければ、コストを切り詰めることは可能です。シンプルな造りにしたり、室内の塗装などを自分たち家族で手掛けたりして、大幅なコストダウンを実現している例もみられます。工夫次第で高くも安くもなる注文住宅ですから、建売住宅と比較してそれほど明確な価格差はないともいえます。どっちを選ぶべきなのかは、建築前に手間を掛けられるかどうか、建売住宅では実現できないこだわりがあるのかどうか、といった視点で考えると良いでしょう。また、二世帯住宅を求める場合には建売で供給される例がほとんどないため、注文住宅によって建てることになります。

ちなみに国土交通省による建築着工統計(平成24年度計)では、持家(主に注文住宅)が316,532戸、分譲一戸建て住宅(主に建売住宅)が124,536戸で、持家の比率が7割超となっています。これには、もともと土地を所有している場合も含まれます。