狭小住宅ってなに?

01-300x220

狭小住宅とは、一般的に約15坪(約50㎡)以下の土地に建てられた狭い家のことを指します。もともとの土地の面積が狭いため土地購入費用を低く抑えられるだけでなく、都市部においては変形地や密集地における建築上のさまざまな制限も加わって単価がさらに下がることがあります。

それでは、狭小住宅を建てるメリットとデメリットについて見ていきましょう。

<メリット>
・都心に家を建てることが現実的になる
・建築面積が狭い分、建築コストが抑えられる
・建築確認申請費用や登記費用などが安く抑えられる場合がある

<デメリット>
・立地条件や建築規制により建築コストが高くなることがある
・工事が難しいことが多い
・生活動線を考えて設計しないと、暮らしにくくなってしまう

狭いイメージがある狭小住宅ですが、実際、広々と快適な居住空間を持つ家も多くあります。ではどうすれば限られた敷地で、暮らしやすい住まいをつくることができるのでしょうか。ぜひとも知っておきたい、プランニングに活かせる狭小住宅の知識やアイデアを紹介します。

土地を最大限に活かすには?

02-300x220

まずは限られた敷地を活かすには、垂直方向である“縦の空間”を活用すること。下方向には地下室、上方向であれば3階建てや屋上を利用することで生活空間がぐっと広がります。

地下室は一定の条件を満たせば、光や風を通す居住空間にもなりますし、屋上はガーデニングや憩いの場など、戸外の居室として利用できます。ただし、すべての場所でそのように土地を活用できるわけではなく、周辺環境や立地環境によっては、建築基準法で制限されることもありますので、事前に不動産会社もしくは建築会社に確認しておきましょう。

狭小地を探す際に確認したいポイント
・地盤改良の必要はない土地かどうか
・建築基準法上の規制をクリアできるかどうか
・建築条件付きの土地かどうか(土地の売主もしくは売主に紹介された会社と一定期間内に建築請負契約を結ばなくてよい土地か)

また狭小住宅は、さまざまな条件によって建てられる家やコストが大きく変わってきます。こちらも同じく事前に建築を担当する会社にしっかりと確認しておきましょう。

狭小住宅の間取りやプランの工夫とは

03-300x200

狭小住宅だからこそ、まず大事にしたいのは「暮らしやすい家」であること。例えば、「1階に洗濯機、3階に物干し」「寝室が3階でトイレが1階」のような家は、暮らしにくく不便です。家族の生活パターンやライフスタイルを踏まえてプランニングすることが大切です。また生活動線は家族構成やライフプランの変化も見越しておくことも忘れずに。

次に考えたいことが、いかにして広く快適な空間を演出するか。以下のようなアイデアを参考にしたいところです。
・細かく部屋をつくらず、なるべく間仕切りのない大きなひと空間をつくる
・大きな吹き抜けをつくって、天井を高くすることで開放感を出す
・隣家と接しているため窓がとれない場合は、天窓を活用する
・間仕切りの上下にすき間や切れ目を入れたり、透明や半透明、穴あきの間仕切りを用いて「視線が抜ける」ことで部屋を広く見せる
・壁や床の色を明るめのカラーで統一する
・蹴上げのないシースルー階段を使って、光を遮断しない
・モノで部屋が埋まらないように、余裕を持った収納スペースをつくる
など、さまざま挙げられます。

また、小さい家だからといってキッチンやお風呂なども小さくしてしまうと、とても暮らしにくい家になってしまいます。まず大事にしたいことは「暮らしやすいこと」です。広くとるべき場所は広く、狭くてよい場所は狭くと、メリハリをつけたプランを考えてみることで、工夫しなくてはいけないポイントが見えてきます。

土地や間取りプラン以外に知っておきたいポイント

土地や間取りプランのほかにも、狭小住宅ならではの知っておきたいポイントがあります。以下の点にも配慮すると、より安全で快適な住まいが実現するはずです。

防犯対策
狭小住宅は、都心部の隣家同士が密集している場所に建てられることが多く、こうした密集地域は、防犯上とても死角になりやすい場所です。1階や2階の窓を防犯ガラスにするなどの防犯対策も考えましょう。

建物の外回り
エアコン室外機や給湯器を設置する場合、設置場所はできるだけメンテナンスしやすい場所に。そして隣家との位置も確認しましょう。

防音・遮音対策
密集地では、外の音や内からの音漏れも気になるもの。外壁材や開口部の防音・遮音対策も考えておきましょう。また狭小住宅では排水管の音も意外と気になるもの。どの経路をたどって外に出していくのかも設計段階で事前に確認しておきましょう。

税金対策
1階と2階の間に中2階を設けるスキップフロアは床面積に計上されないので、空間が広く使えるうえ、固定資産税の対象にはならないなど税金対策面でも工夫できます。ただし、スキップフロアについては、行政等により見解が異なりますのでご注意下さい。

狭小住宅のススメ

04-300x220

その昔から、日本は長屋などの狭い空間であっても十分快適に暮らす知恵を見出してきました。狭小住宅も先人の知恵と同じで、さまざまな工夫次第で住み心地の良い家となるはずです。そして、その実現には、今まで述べてきたような狭小住宅に対する工夫やアイデアを知っているか否かで大きく差がつくのはもちろん、依頼する建築会社選びにも影響します。そのような工夫やアイデアを取り入れた間取りや建築プランを検討する際は、家族がどのような生活パターンや生活スタイルなのか事前に踏まえ、何が家族にとって大切なのか見極めた上で検討することが重要です。

「自分のアイデアがカタチになり理想に近いマイホームがつくれる」点が注文住宅の良さ、そして「土地代を安く抑えることができる」点が狭小住宅の良さです。つまり「土地が狭くても工夫やアイデア次第で、手の届く予算で広々と快適に暮らせる家が建てられる」ということが注文住宅で建てる狭小住宅の魅力となります。
「限られた予算ながら都心の近くで念願のマイホームを建てたい」方は、ぜひ選択肢として検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

新築一戸建て探しのお役立ち情報
限られた土地で、空間を広く使うにはスキップフロアが重要?段差を取り入れた一戸建て
15坪から20坪以下の敷地に建てられる「狭小住宅」。狭くても快適に暮らせる?
3階建てが建てられる地域か?知っておきたい用途地域~新築一戸建て購入術
新築一戸建て購入の流れ~STEP1 物件探し(情報収集・資料請求・物件の見学)
年収300万円台でも手が届く、注文住宅を建てる工夫やヒント!