見に行ってみよう!住宅見学ができる場所と内容を知っておきましょう

01-300x220

「さあ、家を建てよう」と思い立った時、新聞の折り込み広告や住宅雑誌、そして住宅会社のホームページなどをまず参考にするという方が多いのではないでしょうか。また、それに加えて実際に施工された建物を自分の目で見て触れることで、そうした情報だけでは得られない新たな知識や発見を得ることができます。

それでは、主な住宅見学の種類や内容を紹介します。

①住宅展示場(モデルハウス)
大手ハウスメーカーをはじめ、さまざまな住宅会社・工務店のモデルハウスをまとめて見ることができるのが展示場です。

②住宅見学会(オープンハウス)
展示用ではなく実際の施工事例として注文住宅を見ることができるもので、内容により種類が分かれます。
・構造見学会……柱や梁の木組みなどの普段は見ることができない構造部分の見学が可能です
・建築途中現場見学会……基礎や耐震、断熱工事など、施工中の状況を見ることができます
・完成見学会……施主の入居前に実施されるもので、完成した住宅を見ることができます
・居住宅見学会……既に施主が入居している住宅を見ることができます

③セミナー・相談会
建物や間取りのプランに関する相談や、資金計画を学ぶことができるセミナーなど、住宅に関するさまざまな知識や情報を得られます。

④イベント
実際に使用される木の伐採の様子を見る「伐採見学ツアー」や、モデルハウスでの「祭りイベント」など、独自のイベントが催されています。

住宅展示場のチェックポイント

02-300x220

住宅展示場とは大手ハウスメーカーをはじめ、地元で大きな建築会社などのモデルハウスが展示されている場所で、実際の建物を見ることができるのはもちろん、各社モデルハウスの特徴だけでなく、各社が持つ強みや最もニーズのある価格帯、さらにスタッフの対応を含め、多くの会社の長所や短所を一つの場所で比較検討できるというメリットがあります。

ただ、モデルハウスは見せるためのものなので、標準仕様に多彩なオプションを加えた“最上ランクの仕様”であることも少なくありません。気に入ったモデルプランで建てようとしても割高になることもしばしば。どこまでが標準仕様で、どこまでがオプションか。そして標準仕様の価格がどのくらいなのか、しっかりとヒアリングしておくとよいでしょう。

住宅見学会のチェックポイント

03-300x280

施工会社の特徴を全面に押し出して建てられた住宅展示場に対し、実際に人がその場所に住むことを前提として建てられた家を見学するのが住宅見学会。そのため敷地に対する間取りやプランニングなどの設計上の工夫をはじめ、実際の家づくりに役立つ実践的な知識が得られるなど、住宅見学会は「家づくりを具体的に学ぶことができる場」であり「会社を知ることができる場」でもあります。

また、マイホームの理想のイメージが固まるにつれて沸きあがる疑問に対して、直接担当者や施主が応えてくれることもメリット。施工会社にはなかなか聞きにくいことを、施主に直接聞くことができるのもポイントです。

セミナー・相談会・イベントのチェックポイント

建物や間取りプランニングなど相談する住宅相談会は、随時開催していることも多く飛び込みでも対応してくれますが、よりしっかりと話を聞くには事前に予約をするのがベター。また「不安だった資金面がクリアになって役にたった」などの声も多い資金計画セミナーは、各施工会社のホームページで告知していることが多いので、気になる会社はマメに確認しておきましょう。

また、子どもも楽しめる施設やイベントを実施しているところもあるので、ぜひ家族で出掛けてみましょう。小さいお子さんがいる場合には、事前に託児スペースがあるかなどもチェックしておくとよいでしょう。

住宅見学とは、理想の会社との“出会い”を見つける場

04-300x220

このように、住宅展示場や見学会などに参加することで、各社の建てる家の特徴や得意分野、そして価格の相場などが分かってくるもの。実はこのような場を繰り返し訪ねることで、自分の建てたい住まいのイメージがはっきりしてくるものです。さらに注文住宅を建てた方のうち、約50.8%の方が住宅展示場で「購入する住宅を見つけた」という国土交通省の調査結果もあります(※1)。

実際に家を建てた方の中には「もちろん工法や仕様などもありますが、最終的には担当者の人柄で選びました」という方も意外と多くいます。住宅見学は「実物の家を体感」して「自分の理想とする住まいのイメージづくり」の場でありますが、大切なのは「この会社だったら私たちの願いをかなえてくれそう…」という会社と出会うこと、そして見極めて選定することです。
ぜひ積極的に足を運んで、楽しみながら理想の会社を見つけてください。

【参考】
国土交通省「平成27年度住宅市場動向調査報告書」
(※1)http://www.mlit.go.jp/common/001135951.pdf P21

関連記事

年収300万円台でも手が届く、注文住宅を建てる工夫やヒント!
土地を買って注文住宅を。入居までの流れをシンプルにまとめました!
注文住宅はハウスメーカー、工務店、設計事務所のどこに依頼するのがいいのか?
30代は一戸建て購入の最初のタイミング。ライフステージも住宅ローンも!
子供のいる家族が住みやすいエリア探しのコツ